せどりは差額で利益を出す

せどりは物を安く仕入れてきて高く売るので、普通の商売と変わりありません。安く仕入れるには人件費や資源が安く手に入る外国に目を向けるのがいいです。最有力候補は中国です。スーパーで売られている商品を見ていくと、数多くの中国産、中国製品を目にします。そんな実績のある安いコストで手に入るものを見逃す手はありません。 まず、中国のショッピングサイトにアクセスします。そうするとAmazonやメルカリのようなお店を見つける事ができます。おすすめはアリババです。アリババには日本語版がいくつもありますので単価を確認して安い方を選びましょう。本当に安いので100個ぐらい仕入れたいところですが、最初は安全に2個ぐらいから買うのもいいでしょう。代行業者を使えば購入から手元に届くまでやってくれますし、不良品がないかの検品作業もやってくれるので、お手軽に中国輸入が出来るようになります。さらに日本語の説明書をつけてくれたり、後でAmazonで売りやすくなるように納品ラベルも作ってくれます。しかし、初心者のうちはAliExpressがいいです。感覚的には楽天に近くて不明な点が少ないからです。すぐに慣れやすいというメリットを考えると、少し割り高であったり不良品が来るリスクがあったりしますが、アリババよりいいかも知れません。 仕入れの始め方は楽しく少額でやるのがこつです。やり慣れてない事は、趣味のような感覚で続けるのが、目標を達成しやすいです。自分の好きな商品を探してみましょう。見つかれば、さらに最安値を探してみましょう。カタログを楽しく眺めていく感覚がいいです。出来れば小さくて壊れにくい商品がいいです。一人暮らしですと収納スペースがせまいでしょうし、儲かった実績もないし、儲かるかどうかわからないのに、レンタル倉庫も借りにくいです。壊れるとその商品にかけたコストを取り戻すのに、さらに多くの数を売らないといけなくなります。 次に仕入れ候補がAmazonでいくらで売られているか調べましょう。この一連の方法はライバルがいなければ大きく儲かりますが、注意点もいくつかあります。ライバルが手を出さない理由に、意外と壊れやすいとか写真と実物が違うとかがあります。手堅い方法は、ライバルたちがAmazonで売っている商品を調べてから、中国で安く仕入れる事です。価格競争で利益は小さいですが、注意点は少なく安全なせどりと言えます。